【失敗した体験談】目の下の脂肪除去手術でたるみ取り「画像あり」

目の下のたるみを取る整形手術をしてます。

手術をしたのは10年以上前。医師は最先端技術を海外で学び、パイオニア的存在と当時アピールされてました。

「一生に一度の手術」とあり、安くはなかったけど、これで解消されるならと決意。

切開手術とは違いダウンタイムもほぼなく満足していたのです。

しかし、いまから2年くらい前に、左右に違う凸凹のたるみが出現!

  • えっ失敗だったの?
  • 脂肪取り過ぎてたの?
  • 一生に一度の根治治療だったよね
  • 生涯保証だったはずだよね

しっかりとホームページに記載されてたし、なんならいまも記載されている。

加齢によるたるみはしょうがないけど、それとは違うのが見てわかる。

再発症状からしばらくして、手術した病院に目の下の画像を付け、メールをしてみました。

この記事の内容

  • 目の下のたるみと脂肪除去後のこと
  • 一生に一度のはずが再発したこと
  • 手術した病院の反応
  • 再手術の条件

■■■目 次■■■

  1. ダウンタイムなし!目の下脂肪除去手術
    » 経結膜脱脂法とは
  2. 10年経過後に現れた目の下の凸凹(画像)
  3. 病院に再発の連絡すると・・・
  4. 病院からのありえない返事
    » はぁ?!納得出来ない言い訳
    » 生涯保証の大嘘 / 生涯保証じゃない
  5. 再手術に悩む

① ダウンタイムなし!目の下脂肪除去手術

目の下のたるみ取りの手術をしたのは10年~15年前。

当時、美容整形外科の中でも目の下のたるみ取りに特化した病院で下まぶたを切開する方法ではなく、経結膜脱脂法という方法でした。

その頃の私は、美容オタク熱が高くアンテナも貼っていて、アンチエイジングの学会やセミナーにもよく参加し、最新の医療収集もよくしてました。

そんなとき、経結膜脱脂法の手術を知り、ダウンタイムもほぼなく仕事にも支障がないので選択しました。

経結膜脱脂法とは

経結膜脱脂法を簡単に言うと、下まぶたの粘膜側を切開してたるみの原因になってる脂肪を取る手術。粘膜側を切るので表面に傷も残らないし治りも早いのです。

手術前後の違い。

  • 手術前: 下まぶたの裏、奥まで見える
  • 手術後: 下まぶたの裏、奥まで見えない

あっかんベーした際に切開した部分が癒着し、目の下奥までは見えないってことです。

当時としては費用が高く(確か20万以上)違う方法や安価で受けられる方法もあったけど

  • 再発しない
  • 根治治療
  • 一生に一度
  • 生涯保証

    と、あったのが決めてでした。

    10年経過後に現れた目の下の凸凹(画像)

    いまから1年半から2年位前に、突然目の下に凸凹したたるみが出現した。

    その時の撮った画像がこちら。

    洗面台の蛍光灯下(2020.9)

    ひ、ひ、ひどい。何このたるみ。醜いし汚いし最悪。左右で違う凸凹。手術当時より酷い(鼻の横が白いのはメガネの後とそばかす)

    室内の蛍光灯下(2021.8)

    このブログを書くために撮った素状態。

    1年前より目立たないように見えるけど、光の加減や角度が違うだけ。

    ③ 病院に再発の連絡すると・・・

    左右で違う凸凹のたるみが突然再発し、しばらくして思い出す「生涯保証で一生に一度の根治治療だった」こと。

    病院を検索するとその記載はいまもある。当時よりしっかりと手術の説明が加筆され、やはり特化してる手術だとわかる。

    で、写真を撮って添付し(上記2020.9)症状を書いたメールを送ってみました。

    ④ 病院からのありえない返事

    数日後、病院から返事が届きました。

    何度かやり取りした内容の一部がこちら。

    ご連絡遅くなりまして申し訳ございません。

    治療経過には個人差(元々の脂肪量が多い方や皮膚が薄くたるみやすい方など)があり、
    ほとんどの方が一生に一度の治療になりますが、自然な結果、へこませないことを第一優先として治療をしておりますので、治療後に多少症状が残るケースもあります。勿論どの方も、治療前に比べると症状は改善されております。

    ●●様の場合、最初に治療を受けて頂いてから10年以上が経過し、
    若干の脂肪の戻り、また加齢に伴う皮膚のたるみ等も出てきていることが確認できます。10年前の前回治療は、脂肪除去いわゆる脱脂がメインの治療でしたが~

    ~~~省略~~~

    現在費用は両目で385,000円になりますが、●●様の場合、一度治療を受けて頂いておりますので、165,000円で追加治療分をご案内させて頂きます。

    はぁ?!納得出来ない言い訳

    最初に治療を受けて頂いてから10年以上が経過し、若干の脂肪の戻り、また加齢に伴う皮膚のたるみ等も出てきていることが確認できます

    えーと、まずは言葉の定義から。

    1. 人間が死ぬまでのことを「一生」とか「生涯」と表します。
    2. 10年も20年も「一生涯の内」です。
    3. 「10年以上が経過し」とありますが、生涯保証の定義を答えてくれますか。

     

    治療経過には個人差(元々の脂肪量が多い方や皮膚が薄くたるみやすい方など)があり、

    周知の事実。言われなくとも知っとるわ!

    生涯保証の大嘘 / 生涯保証じゃない

    「10年保証」ならわかるのよ。「生涯保証」って掲げてる以上、10年なんて当たり前で30年でも50年でも一生涯の内なんだよ!って反論したい。誇大表記確定。

    それなら

    • 10年保証
    • 再発したら○○円で再治療致します

    の方が、よっぽど良心的。

    結 論
    • 生涯保証/根治治療/一生に一度/を疑え
    • 記載があったら、再発した際の確認と記録

    ⑤ 再手術に悩む

    やる
    ・会社に行ってない今やるのがいい

    ・やっぱ、たるみがないと若く見える
    ・悩みがひとつ減る

    やらない
    ・16万の追加に気分悪い

    ・普段メガネが多いから目立たない
    ・化粧でごまかせる

    正直迷ってる。どうしようかな~

    美容医療のクーポンサイトKIREIPASS