ヘパリン類似物質のスプレーを顔に吹き掛けて2日後、肌にプツプツを発見。

これ、もしかして副作用?

そして、ヘパリン類似物質の効果で一番嬉しいのは血流促進。これが肌をツヤツヤにさせる秘訣だからね!

この記事の内容

  • 顔全体に出来た小さな発疹のこと
  • 発疹の変化
  • ヘパリン類似物質の効果
わたしの美容遍歴
  • 複数の美容医療を体験
  • 製薬会社・健康産業・美容関連の仕事に長年従事
  • アンチエイジングイベント・学会・セミナーに多数参加

    目次

    1. ヘパリン類似物質スプレー
      » 効果効能
      » 美肌は血流が鍵
    2. 副作用?小さなプツプツが顔全体に出現
      » 発疹症状
      » 継続使用した結果
    3. ヘパリン類似物質は市販で買える!

    ① ヘパリン類似物質スプレー

    肌表面だけのしっとり感は要らない。欲しいのは肌内部にまで届き作用する成分。

    そんなとき手にした「ヘパリン類似物質のスプレータイプ」顔や首にスプレーすると「ぽ~」っと暖かく感じます。

    ローションタイプやクリームタイプや軟膏など基材の違いはありますが、成分はすべて「ヘパリン類似物質」

    効果効能

    ヘパリン類似物質の効果は「保湿・血行促進・抗炎症作用」

    スプレーすると一瞬肌が暖かく感じるのは、皮膚表面の毛細血管への作用かも。

    美肌は血流が鍵

    私がこの数年、美容で一番求めるのは「血流促進」効果。

    美容おたくな私は、過去さまざまなスキンケア商品を使いまくったし、美容クリニックでは最新の治療や施術を受けまくり、自宅でも美容家電を試してました。

    で、いろーいろ試して辿り着いた結論は血流でした。

    素肌美を求めるなら「血流」がすべての鍵になるということ。

    血流さえ良ければ多様なケア用品は不要。血流に乗って酸素が行き渡れば、肌はみるみる輝き出すことがわかったから。

    ヘパリン類似物質を肌に付けると、皮膚表面の毛細血管の血行を良くし、内側から新陳代謝を促す効果があるのです!※小林製薬から画像お借りしています。

    ② 副作用か?小さなプツプツが顔全体に出現

    使い始めて2日目の朝。

    洗面所で鏡では何も感じないけど、横にある拡大鏡で目の周りを見たとき気が付いた!

    発疹症状

    • 色はなし(肌の色)
    • 普通には見えずらし
    • 触ってもわからない
    • 痒みや痛みもない
    • 光の角度で見える

    小さなポツポツが顔一面に出来てる。目や顎周り頬がわかりやすい。

    確実にヘパリン類似物質の反応だと感じた。

    副作用表記はこんな感じ。

    基本的には副作用の発生頻度が少ない。まれに、皮膚の刺激感、かゆみ、湿疹、かぶれ、赤らみ、紫色の皮下出血などの症状が現れる場合がある。

    継続使用した結果

    自分にしか見えない小さなプツプツ。一時的な発疹のようで2日経ったら消えてました。

    その後、もう一度使ってみたら、やはり面積は狭いけどポツポツ出現。なので毎日使わずに数日に1回の使用に減らしたら、ポツポツは出ませんでした!

    うーん、肌も体も栄養過多(やり過ぎ)はダメですね。

    ③ ヘパリン類似物質は市販で買える?!

    「ヘパリン類似物質」が配合されている市販薬は、病院に行かなくても購入出来ます。

    でもさぁ、病院で処方されるより効果が弱いんでしょ?と思いきや、まったく同じ。

    100g中0.3gのヘパリン類似物質が配合されています。

    むしろ、病院だと「初診料や再診料なども加算」されるから市販の方が全然いいじゃんって気付いちゃいました。

    こちら、ヘパリン類似物質が成分の市販品(画像タップで詳細確認出来ます)

    ※お肌に合わない場合もありますから、その辺りは見極めてね!