眼瞼下垂かと思って病院に相談に行くと、眼瞼下垂ではなく「まぶたのたるみ」が原因と判明した。

24時間まぶたが重く朝起きると頭痛がする日々。奥二重がまぶたの重みで一重になり、目つきもキツくなっていた。

実際の手術は眉下切開じゃなくって眉中切開。腫れと内出血がひどいまま、手術の翌日は仕事にも行きました。

目次

  1. まぶたの不快感と頭痛
  2. 保険診療と自由診療の差
  3. 危険:最初の病院は誤診
  4. 湘南美容外科で眉下切開をする
  5. 手術当日~手術終了まで
  6. 手術翌日 禁止事項やぶりまくる
  7. 手術2日目
    ・内出血と浮腫みと腫れ
  8. 手術3日目
    ・ダウンタイムのピーク
  9. 手術4日目
  10. 手術5日目~抜糸
    ・抜糸は痛い、痛くない?
  11. 手術6日目~抜糸後
  12. 眉下切開をやってみて
    ・アットノンを塗る

    ・ビフォーアフター画像

まぶたの不快感と頭痛

かれこれ3、4年朝起きた瞬間からまぶたが重かった。目がスッキリすることはなく、スースーする清涼感のある目薬を差したり、シャワーの水圧でまぶたをマッサージして過ごしてました。

また、頭痛も朝からずっとあったんですが、当初は目と頭痛は別だと思ったり、目は疲れているだけかと思ってたんです。それが徐々に悪化した感じです。

保険診療と自由診療の差

不快症状の原因が眼瞼下垂かもと思い色々調べました。保険診療と自由診療があることを知り、同じ手術なら保険診療でいいと思ったけど、出来栄えに差が出ることも知りました。

そんなとき、某大物タレントがメガネ姿でテレビに出ていて、眼瞼下垂の手術をしたことを報告していました。ただ、失礼ですが仕上がりが変なの。やっぱ、見た目が大事だわ。

危険:最初の病院は誤診

いくつかの病院にメールで相談をしたけど、どこも結局は「見ないと正確な診断は出来ない」と。確かにそうです。ごもっとも。

一番始めに行った恵比寿の病院。ゴチャゴチャした受付周りとチラシがたくさん貼ってあり清潔さがない。それ以上に残念だったのは医師の態度。

せっかちな話し方で、さっさと終わらせたい感が見え見えなのです。医師の診断は「眼瞼下垂」術後の状態を見せてくれたのですが、私って本当に眼瞼下垂なのかと疑問が湧きました。

その後、別の病院での診断は「これは、眼瞼下垂じゃなく、まぶたの弛みが原因です」と、納得出来る答えを貰えたのです。

あー怖。恵比寿の医師は誤診だよね。あそこで手術してたらどうなっていたことか。

湘南美容外科で眉下切開をする

私の不快な原因は「まぶたの皮膚のたるみ」頭痛もこれが原因の可能性大。一刻も早く日々の辛い状況から解放されたい。

手術は自由診療になるけどしょうがない。いくつかの病院を比較して湘南美容外科に決めました。

決めた理由の1つは保障制度があること

保障期間内では、やり直しが出来るって安心。

眉下切開も対象です。

この病院って商売感ハンパない。CMもバンバンやってるし、ポイントが付くからとアプリだったかな?登録を何度か促される。で、衝撃だったのは医師の人気投票があること。

時代は変わった。チェーン展開するコンビニみたいな病院。だけど病院も1つの商売だからしょうがないのかな。まあ腕が良ければいいのです。美容整形は先生のセンスがすべてです。

手術当日~手術終了まで

手術日は3連休の最終日。連休前日にやりたかったけど予約が取れませんでした。

当日は受付をしてから2時間近く待たされた。なんの説明もなく2時間放置っていかがなものか。

湘南美容外科の眉下切開の手術は、部分麻酔ではなくって静脈麻酔。費用は41500円。手術前に禁止事項やお薬の説明を受け、いざ手術へ。

切開する箇所を何度も確認。ペンで印を付ける。このとき眉下を切るのが一般的だけど、私の場合、見た目のバランスが悪くなるため眉中を切ることになりました。

ベットに横になり両手首がベルトで固定された。このときすごい不安が襲う。それは、身動きが取れない状態なのに医師や看護師が部屋を出で行ったこと。

いま地震が来たらどうしよう。何かあったらどうしよう。それと同時に顔がカバーで覆われていたんだけど、口元にそのカバー掛かっていて呼吸が苦しくなっていた。ま、まずい!

ギリ医師が来たので苦しいことを直ぐ伝えました。拘束状態で1人にされるって恐さハンパないです。

「では、始めますね。点滴で麻酔が入ります。チクチクしても大丈夫ですよ~」最後の声に記憶はなく、意識が戻った時は終わってました。

フラフラしながら別室へ移動して少し休憩。手術時間は1時間位。意識がほぼ戻って病院を出ました。

※手術6時間後。強い痛みはありません(眉中切開)

手術翌日 禁止事項やぶりまくる

腫れは酷く二重手術したかのよう。で、問題はこれから仕事ってこと。さーこの腫れをどう隠すかだ。まずは冷やすがもちろん引かない。眉のお化粧は禁止だけどしちゃう。流石にこの眉で外出する勇気がない。

あっ思い出した!縫った糸ね。黒だと無料で白だと有料。黒だと濃く変に目立つらしいので白にしました。費用は15790円。

話を戻し、腫れているまぶたをアイテープでごまかし出勤。翌日が仕事でも手術出来たのは、隔離された部屋で2人仕事だったから。

部屋の外にはたくさんいますが、すれ違っても誰も気が付きません。普段からメガネだったことも良かった。

同室の人には手術したことを話しましたが、透明な糸がキラキラして見えるらしく、眉がいつもと違うと感じるけど、まぶたの腫れや内出血はわからないと言われました。自分が感じる程他人は感じないモノよね。

帰宅したら眉にワセリンを塗りラップ。少ししたらオイルクレンジングで優しく丁寧に落としました。

手術2日目

腫れのピーク。手術2日目が一番のダウンタイムだと思ってたので覚悟してた。まぶたの腫れ内出血ともにひどいし肌も汚い。

そして、今日も仕事。こんな日に打ち合わせがある悲劇。しかし打ち合わせした男性2人は何も感じなかったようで終了。こうゆう変化に鈍感な男性だと助かる。女性なら確実にバレてるよね。

肌が油っぽく汚い。

手術3日目

2日目同様腫れと内出血。朝と夜で変化する。夜は黄色く変化。目頭が黒くなりアバター顔に。

手術4日目

腫れがかなり改善。広範囲が黄色。

手術5日目~抜糸

本来、抜糸は1週間以降らしいですが、受付の方が間違えて5日後の日時を私に伝えてました。医師は「抜糸には早すぎる」とのことでしたが、傷口を確認してOKとなりました。

「痛いですよ」と言われて焦るが、痛みはなく触られてるだけの感覚。傷の腫れがある部分は少し引っ張られるので痛かったかな。癒着していると痛いかもしれませんが、それでも大したことないです。

眉間に力が入ってしまい縦ジワが出現!

手術6日目~抜糸後

お化粧解禁。切開部分の硬さや凸凹があるので化粧はしにくいです。内出血は黄色く変化。ファンデとメガネでカバー出来る。

眉下切開をやってみて

重たかったまぶたが、毎日の頭痛が、ぜーんぶ消えた。なくなった!これはもう整形じゃなくって治療です。キレイになったわけではないので誰も気が付かない。もちろん親も気づかない。眉下切開やってよかったー!

傷口が落ち着いたのでアットノンを塗ってます。

傷あととは、傷が修復されるときに皮膚組織が異常に増殖することによって、傷口に赤みや盛り上がり残った状態のことをいいます。

いままさにこの状態。この状態を早く修復させるためにターンオーバーを促進中。

最後にビフォーアフター。まぶたが下がり完全に一重に見える。つり目なのできつい印象が増してた。

手術12日目。まぶたの弛みが取れ元の目の形に近付く。まぶたがしっかり開く。

これで見ると眉毛に変化はあまりないですね。弛みは確実に改善しました。眉下切開をされる方の少しでも参考になれたらいいです。以上、おわり。

追記
2年弱が経過しましたが眉毛があまり生えて来ません。まだら状態で1本1本が太くバラバラです。眉毛の育毛してみようかな。