アッチングアプリと婚活パーティーで出会ったハイスペックな男性たち。

  • 三〇U〇J信託銀行(エリートの正体)
  • N〇C(超無口男)
  • 財〇省

世間ではエリートと呼ばれる3人男性。この中の1人に告白されお付き合いし始めたのです。が、いままでに感じたことのないうすら怖さを経験しました。

この記事はの内容

  • ハイスペック男性を狙う女達
  • 3人のハイスペック男性との出会い
  • エリート男性の恐ろしい裏の顔

■■■目次■■■

  1. ハイスペック男性を狙う港区女子
  2. 財〇省勤務のハイスペック男性
  3. N〇C勤務のハイスペック男性
  4. 三〇U〇J信託銀行ハイスペック男性
     » NY勤務・23歳で結婚していた
     » 遅刻と理解出来ない言い訳
     » 見えない恐怖
     » 危機回避
  5. 運命が変わるきっかけ

    ① ハイスペック男性を狙う港区女子

    最初に「ハイスペック男性」と呼ばれる人はこちら。

    • 高学歴
    • 高身長
    • 容姿端麗
    • 上場企業勤務や経営者
    • 高収入

    一目瞭然なステイタスの高さとルックスの良さ。勝ち組男性のこと。

    そして、このパイスペック男性をハンターのごとく狙う人達がいる。それが港区女子だ。

    港区女子とは

    キラキラした生活を港区内だけで送り、港区以外を受け付けない女子のこと。

    自分の外見に自信があり、それに見合う場所と男性を求め、経営者や有名人とお近づきになれるエリア(麻布・六本木・青山近辺)を拠点に行動する女子達。

    港区女子になるために頑張っている女子達だけど、実際は短期間(5年以内)しか住めないのも現実。

    けど、恵まれた美貌は最強の女の武器だもん。家賃のバカ高い港区に住むために努力してるってことでしょ。私には出来ないけどこの価値観は嫌いじゃない。

    いちおう私も港区女子だったけど、底辺の底辺でひっそり生息しキラキラした生活なんてなーんもない。

    あと「港区女子」や「ハイスペック男性」という呼称は私が若い頃にはなかった言葉。

    ただ都心が好き、ビルが好き、東京タワーが好きこれだけで港区に住んだ(父いわく「高層ビルが立ち並ぶ西新宿生まれだから好きなんじゃないか」だそう)

    ② 財〇省勤務のハイスペック男性

    婚活パーティーで出会った男性。自己紹介には「国家公務員」とあった。

    パーティー会場ではあまり話さずお互いカップルにならなかったけど、会場を出たとき声を掛けられお茶しました。

    始めて接点を持った官僚。どんな会話をしたかと言うと、始めは転職で財務省に入ったことなど聞きましたが、途中から終始マニアックな話題。

    たとえば「飛田新田って知ってる?」知らないので教えて貰ったり、嫌いじゃないので「それで、それで!」と、私もいろいろ突っ込んで聞いて盛り上がりました。

    ただ、これ以降連絡は取らずこの場だけの出会いでした。

    ③ N〇C勤務のハイスペック男性

    この男性は私の出会った中でダントツで無口な男性。

    180㎝の高身長でスタイルも良い。見た目も意外と好み。「いい感じ~」と、ときめいたのは一瞬だった。

    声は小さくボソボソ系。質問しても聞こえない。それでも頑張って会話してくれているようでした。

    デートは3回したけど私からお別れ。理由はつまらないから。話題も振ってこないし、笑わないし、冗談も言わない。毎回私が必死に喋ってる。

    彼から「もっとグイグイ来て大丈夫ですよ」と言われたんだっけど、何で私だけ頑張らないといけないの?って感じでした。

    ④ 三〇U〇J信託銀行ハイスペック男性

    婚活パーティーで出会った男性。私がいちばん惹かれたのは「声」でした。

    低音ボイスって女性好きじゃない。「初めまして」の声にドキューン(古い)でした。誰かに似てると思ったら竹ノ内豊の声でした。

    めでたく2人はカップル成立。男性はこの後に忘年会があるとのことで、連絡先のみ交換してお別れ。

    翌日彼から電話が入りました。ダイレクトに響く素敵な声。ややゆっくりした話し方にもドキドキしたことはっきり覚えてる。

    そして、またその翌日の深夜。「遅い時間にごめんなさい。ちゃんと言いたいことがあって」と前置きされ、かれから「付き合ってくれますか?」と告白されちゃいましたー!

    アーン!こんなの初体験。大人になってからこんなハッキリ告白されたことないかも。幸せな気分でお付き合いが始じまったのでした。

    NY勤務・23歳で結婚していた

    付き合って知った彼のバックグランド。3年NY勤務や父親が某企業の副社長。ハイソサイティな家庭環境。

    そして、若いときに結婚してバツイチだったということ。正確には死別。奥さんが亡くなったのは「病気」とだけ聞きました。

    遅刻と理解出来ない言い訳

    何度か会うと少しづつ本性が見えて来ました。まず待ち合わせは必ず遅刻。それも長いと30分以上。

    LINEをしてない彼との連絡はメールと電話。そしてこんなことがあった。

    肌寒い3月。初めて彼の家がある駅で待ち合わせたときのこと。何度かメールして到着時間も伝えていた。しかし彼は居なかった。

    「またか・・・」これで何回目だ。

    連絡しても通じないしメールしても返事ない。待つこと30分連絡が来た「薬指のつめが折れて薬局に行ってた。いまから行く」

    意味不明はもちろんだけど、それ以上に「ごめんね」の言葉がないことに人間性を感じた。

    そして、待つことそれから10分。現れた彼は折れたつめにコーティングしてたようで顔に白い液が付いていた。

    そして第一声「この指パソコン打つのに支障が出るから。あと、カフェとかで待ってればイライラしないんじゃないの」と。

    つめはと言うと、縦に0.5ミリ裂けているだけ血も出てないし「はぁ?」しか出ない。

    この場で帰ろうかと本気で思ったが、自分の感情をぐっと抑え吐きたい言葉を飲み込んだ。(我ながら我慢強い)

    見えない恐怖

    奥さん何の病気で亡くなったの?と聞くと「婦人科系」とだけ答える。なぜ隠すのか、ずっと引っかかっていた。

    あるときこんなことを聞いた「感情的になる女は嫌い。NY時代に結婚しようと思った彼女が、襲い掛かって来て相手の親が抑えてた」とジェスチャー付きで話してたが、なぜ、そんな状況になったのかよくわからなかった。

    そして、見えた彼の本質。

    • 絶対謝らない
    • 毎回遅刻
    • 彼が話してる最中に遮ると激怒
    • 会話は一方ずつすること(会議のよう)
    • 私の発言はすべて却下か否定

      彼の母親は父親にすべて従っていて、100%反論や口答えしなかった家族環境。

      そして感じた「奥さん自殺かも」はっきり答えない理由はきっとそうだ。そして、NYの彼女が親の前で襲い掛かったのは、よっぽど我慢出来ないことがあったからの行為だと。

      なぜなら、あまり感情的にならない私が「なんだお前!」って感じたことが短期間に何度かあったから。そして彼はきっとサイコパスのモラハラ男だ。

      危機回避

      出会いから3ヶ月。これ以上深入りしたくないし関わりたくない。

      メールで別れを伝えると何度も電話が入ったがすべて無視。いっさい話さなかった。話したくなかった。

      ひとつだけ良かったことは、私の自宅には来たことがなかったのが救いでした。

      彼の本性というか裏の顔を知って以降、エリートやハイスペック男性とわかった瞬間、意識的に避けるようになってしまった。

      ⑤ 運命が変わるきっかけ

      この出会いと別れを経験して、いったん婚活はお休み

      負の連鎖を打ち切りたいし、こんな男性を引き寄せた自分を浄化したくて、長いお休みの期間に運気の流れを学んで自分磨きしてました。

      そして次に出会ったのが夫だったのです。運勢のバイオリズムってホントあるって実感する流れでした。

      » 連敗の婚活から抜け出せた、不思議な出来事ときっかけ