【港区女子】麻布十番の家賃相場とひとり暮らしの実態

港区女子ってどんな生活してるんだろう。住んでみたいけど家賃高そう。スーパーってあるのかな。物価も高そうだし年収がいくらあったら住めるのかな。

こんな疑問に港区に住んで20年以上「麻布十番に9年住んでいた私」がお答えします。

ただ、みんながイメージしがちなキラキラな「港区女子」じゃない。ザ庶民でふつーうです。いや地味かもです。

この記事の内容

東京都港区という場所

「港区アドレス」っていう言葉がある。港区という住所がひとつのブランドでステイタス。

「名刺の住所が”港区”だと価値や信用を得られる」と、起業した人が話していた。

地方の人は東京をひとくくりにしますが、まったく違う。東京にはヒエラルキーがあり港区はダントツ。家賃相場、所得額、富裕層数など常にトップなのです。

東京の所得ランキング

年収・収入に関する総合情報サイトより

平均の年収が1126万。富裕層が集まっている。東京に限らずどの地域にもヒエラルキーはありますよね。

こんな家賃の高い場所に住むなんて馬鹿だ!わざわざ家賃の高い場所に住む必要はない!と避ける人。便利だし良い場所だから高くても住みたいと憧れる人。これはもう考え方や価値観の違い。

でも「住めるけど、住まない」と「住みたいけど、住めない」では違う。

この記事はでは、後者の「住みたいけど、住めない」「住みたいけど実際は港区どうなの?」と、いう人に向けて書いてます。

ただし、港区民のヒエラルキーの中で下層にいる庶民の私の視点です。

始めての港区暮らし

西新宿生れだけど港区に住むことが私の憧れでした。港区で始めて住んだ場所は「 麻布十番1丁目」駅から3分の場所。

物件が決定した当日、入居するマンションを眺め、麻布十番商店街を散策し「ここに住めるんだ、夢が叶ったんだ」と感情が溢れた。

それから2ヵ月。六本木ヒルズや東京タワーを眺めながら暮らす「港区女子」になりました。と、いっても、当時そんな言葉はなかったけどね。

>【お散歩写真ストーリー】麻布十番・芝・西麻布

理想の物件を引き寄せる

話がズレますが住みたい場所に住むために必要なのが「物件探し」ただ、この物件探しが大変。なんといっても物件探しは行動力+タイミング+運だからね。

物件なんてネットで検索すれば簡単って思う?これが以外とそうじゃない。それにネットに公開されている物件は「おとり物件」だったりするし、私はまんまと「おとり物件」に引っ掛りました。

魅力的な物件をを見つけ、すぐに不動産会社に連絡。アポを取ってから行くとこんな言葉が。

「あー!タッチの差で別の方に決まってしまいました~」と。数分前に決まったかのような言い方ですがこれは演技。お取り物件でお客さんを呼び他の物件を紹介する魂胆。

結局、自分が気に入る物件は他の人も気に入る。だからネットで公開される前に決まっちゃう。

また、不動産会社には公開されてない物件もあるから、ネット探し以外にも直接店舗に行く方が良い物件にも出会える。

実際、私は不動産会社(店舗)で、とても親切な担当者と出会いました。ただ、時期も悪く人気エリアなので空室物件が少なかった。

それでも諦めない担当者が何度も連絡をくれて、3回目に行ったとき麻布十番の空き予定物件情報が偶然2件入り、そのひとつに決まったんです。

行動力+タイミング+運を実感。これに限る。

狭い部屋と高い家賃

港区の家賃が高いことはわかっていたけど、ワンルーム8万とかもあったので、なんとかなるって楽観的でした。ただ、ワンルームって広さはいろいろ。こちらは「アパートの16㎡」で激狭だった。

20㎡以下は無理、最低25㎡は欲しい。オートロック、ベランダ、収納、室内洗濯機置き場、バストイレは別、理想を上げたらきりがないですが、決めたのは24㎡の駅から3分で家賃13万円弱だったかな。

家具を入れると想像以上に狭い。置きたくても置けない家具、入りきれない洋服も泣く泣く処分。それでも、これからの生活に高揚する気持ちの方が勝った。

ここには3年住んで、その後もう少し広い部屋に引越して6年住みました。

港区の物価 

麻布十番には有名な商店街がある。100円ショップも普通のスーパーもある。自炊をすれば他の地域と変わらない。

当時はピーコックがあったけど、いまはビオセボンになってる。他にもダイエー、ナニワヤ、海外の食品がたくさんある日進、成城石井、商店街を抜けたらヒルズのリンコスもある。(※日進は移動して縮小されてます。2021.2月)

家賃の高さ以外スーパーは庶民の味方。生活用品も高いとは感じません。飲食店はたくさんありますが、庶民の私は外食はせず会社にはお弁当を持参し自炊する日々でした。

ただーし!せっかく麻布生活。休日は高級なお店を巡りランチを満喫してました!

港区生活のメリット・デメリット

港区暮らしのメリット

  • 必要なものはすべてある
  • ダントツの便利さ
  • 通勤は30分以内(徒歩通勤込)
  • 変な人や怪しい人がいない
  • 目の保養になるマンションや人が多い
  • 大病院が集中している
  • 区民検診が充実してる

港区暮らしのデメリット

  • 家賃が高い
  • ファミレスが少ない
  • スポーツジムの料金が高く設定されている
  • クリーニングの料金が高く設定されている
  • 港区価格が存在する

港区暮らしのモチベーション

キラキラした華やかな生活はまったくない私。東京カレンダーでよく特集される港区。そこに掲載されているお店はご近所だけど行ったことない。

住んでいるだけでルンルンする。きっと港区に住みたい人は同じ気持ちだと思う。「港区の高揚感」ってあるよね!わかるわ~

「この街に降り立てば、いくつになってもワクワクが止まらない」編集者の方わかってますね!

「都心に住む」六本木ヒルズのTSUTAYAで見つけて即購入。港区の物件は常に興味ある。

有名人と素敵な一般人に遭遇する

麻布十番に住んでいた時期は毎日有名人に会ってました。

Aスーパーで布袋さん、Bスーパーで今井美樹さん、ビデオ店で矢沢永吉さん、薬局と自宅裏で叶姉妹、コンビニで安室ちゃん、ジャニーズ(多数)、まだいっぱいいます。

スタイル抜群のモデルに見惚れ、カフェでは白髪の70代位の女性に目が釘付けになった。真っ赤なマニュキュアとリップ。そしてハイヒールで座る姿が雑誌の表紙のようにカッコよかった。

素敵すぎる一般人が普通にいる。家から1歩外に出ると華やかで刺激を感じる場所と人がいる。これが麻布なんだと感じます。

麻布十番で暮らしたい人へ

家賃の問題さえクリアしたら十分住めると思う。

賃料+食費(外食込)+雑費(生活用品)+通信費(携帯・wifi・ガス電気水道・他)+買い物+保険。

家賃に比重が掛かりますが、当時20万位のお給料と貯金で暮らしてからね。

港区生活に憧れる、港区に住んでみたい、考えるとワクワクする人。刺激と高揚感できっと楽しく暮らせるはずです。

大丈夫!安いお店や穴場もあるから。麻布十番に9年住んでいた「港区女子(下層)」の暮らしでした。