自分には到底マネ出来ない人生を歩んだり経験している女性に興味がわく。

美貌を武器にバブル時代の伝説になった実話と、逆境から這い上がり立場を逆転させる女性の物語を2冊。

何度も読みたくなる大好きな本たち。

記事の内容

アッコちゃんの時代

恵まれた容姿と天性の魔性でバブル時代の伝説になった、実在の人物を描いた「アッコちゃんの時代」著者は林真理子さん!好きだわー

本のキャッチフレーズがたまらん!。

バブル時代、金と力を持つ男たちを次々と虜にし、伝説となった女がいた。

地上げの帝王と呼ばれた大金持ちの愛人になり、次はキャンティという伝説的に有名なレストランのオーナーに気に惚れられ、某有名大物女優の奥さんから略奪。そしてまたIT長者と付き合う。

自分の人生に1ミリもない経験を、煌びやかに人生を謳歌していることへの羨望。ほんとこれ実話だからね。

この、アッコちゃんと常に一緒にいたのが尾崎豊の妻なの。本の中にもカリスマミュージシャンの彼女として登場してます。

40歳になったアッコちゃんが女性誌でも取り上げられ、どんなお顔か興味深々で拝見しました。私の想像していた顔とは全然ちがい、ハッキリした南米人ぽいお顔でした。

誰もが認める美貌を手に入れた女は無敵。自宅から近くのレストランも物語に何度も登場しているので興味深く読めました。

なんかさあ、貪欲な部分は紀州のドンファンの若妻に似てる。そういえばこの事件迷宮入りなの?

伝説のお店キャンティ

この本にも登場するレストランキャンティ」ここは数々の物語があるお店です。

ディナーは地下で頂けます。さまざまなドラマが生れた伝説の場所。ここかあ~この空間で、〇〇なこと、◇◇なことが起きたのね。ちなみにこのお店は本にもなってる。

キャンティ物語 (幻冬舎文庫)

歴史を感じる雰囲気。感慨深い。

キャンティといえばコレ。バジリコパスタ。

最後に笑う女たち

こちらは、逆境を跳ね除け人生を掴みとっていく、女性の姿をリアルに描いたインタビューエッセイ。

うーん、これも好きだわ~!!

オムニバス形式になっていて読みやすいの。その中に、子供が出来ずに姑から辛い目に遭っていたのに立場が逆転する話があるんです。

実際に、これに近い出来事があった知人がいた。ちなみにその知人(妻)は、旦那様の性癖(絶対知られたくないレベル)を知り、義両親に暴露。そしたら立場が大逆転しちゃう。もうこの話はドラマレベルだった。

カエルの楽園・バビロンの大富豪

まったく関係ないですが、なかなか読めずに放置しちゃってる2冊。本大好きなんだけど他の誘惑も多くなった昨今。そして目がキツイ><