【面接なしのバイト:試験監督】単発1日だけの仕事を体験しました

お金が欲しいからバイトしたい。
でも、面接行ったりは面倒。
1日だけのバイトとか、
都合がいい日だけ働ける仕事とかないかな。

 

こんな疑問に、私の体験談を書いてみました。

『都合のいい日だけ働けて、面接なしで出来る仕事』そんなのあるかなと思いながら見つけた、1日限定の試験監督。

ただ、監督してればいいだけ?簡単かな?こんな気持ちで応募しました。


こんな内容

  • 単発バイト:条件指定ですぐ見つかる
  • 試験監督 時給1300円
  • 試験監督に関するマニュアル
  • 試験監督の規則や持ち物
  • 試験は午後、集合は8:30分
  • 4人1組で「補助監督」
  • 試験会場の準備
  • 辛い!立ちっぱなし
  • さまざまな受験者達
  • 試験監督バイトの感想
  • 試験監督バイトのお勧め度
  • 給料の支払い方法
  • 1日だけ・単発・短期間バイト登録

単発バイト:条件指定ですぐ見つかる

単発のバイトをしてみようと思うのは、空いている時間を使ってお金を稼ぎたいからですよね。

私の条件は平日夜と土日祝。短期間や単発で近いこと。そして、毎日働くバイトじゃないんだから、簡単に登録が出来たりしないかなと。

条件を指定して探すと、すぐに見つかりました!

試験監督 時給1300円

自宅から近い・・・というか、目の前じゃん!

交通費が出るとか関係なく、自宅から直ぐの場所が絶対いい私。移動に掛ける時間は極力省きたい。この数十年ずっとそう。

早速、詳細を確認しエントリー。折り返しメールを読んで登録シートへ入力。

時給1300円/8時間/休憩1時間。

翌日、担当者から電話が入る「面談と登録を兼ねて来社して欲しい」えっ、来社必要なんだ・・・

しかし、予定が合わない。すると「自宅に当日の資料をお送りします」と。あっさり面談の必要がなくなった。その代わり免許証や本人確認に関する書類提出が1つ増えた。提出といっても画像にしてメールに添付するだけ。簡単ですね。

試験監督に関するマニュアル

試験2日前。自宅に届いた厚い郵便物。8ミリはあるマニュアル。小さな文字がビッシリと並ぶ。これを見て全国で開催される試験だと始めて知った。

正直、すべてに目を通すのは難しい。届いたのも2日前だから担当箇所だけ読むことに。うーん、想像してた試験監督のイメージと違った。

試験中は、ただ監督しておけばいいかと想像していたけど、準備込で試験監督なんですね。無知でした!

試験監督の規則や持ち物

エントリー後「髪の色」を電話で聞かれた。何がダメなのかわからないが、金髪などは断わられる気がする。また、スーツを持っているか、白いブラウスを着用、アクセサリー禁止なども伝えられた。

アクセサリー禁止って意味不明。華美なモノは禁止っていうことなのか。

ちなみに当日。

寒かったこともあり、スーツではなく黒のデニムで上着はカチッとしたタイプで行きました。会場の男女とも黒のスーツでしたが、明るめの髪の人もいたし、一般的な社会人の格好で大丈夫。そりゃそうですね。

それと、試験監督らしい持ち物は「秒針の付いた腕時計」確かに1分でも開始時間や終了時間は間違えられない。持っていなかったら買うしかない。

試験は午後、集合は8:30分

早めに着いたつもりが、すでにたくさんの方がいました。学校には1度だけ証明写真を撮るために入ったことがあった。偶然にも試験会場もその場所だったので、正門から入らず広い構内も自宅から最短ルートで入りました。

説明が開始されると、始めて聞く用語がバンバン出る。そしてバイト陣営は違う担当で応募して来ていると気が付きました。

「運営担当」「試験監督」「監督補佐」・・・で、私は「試験監督」なの?大丈夫かなと不安になる。

 

4人1組で「補助監督」

「始めてのバイトです」係りの人に伝えると、受験者の一番多いクラスの補助を任された。何をしたらよいのかわからないので「始めてなので教えて下さい」と挨拶をしました。

同じチームは4名。試験監督は年配の女性+経験者の女性+前髪長め米津風な経験者の男性と私。計4名で試験前の準備をしました。

試験会場の準備

・試験番号を机に貼る

・○○配り(カンニング防止のモノ)

・会場内の整備

・黒板に時間など記載

・音響やマイクの確認

・受験者の情報確認

・忘れ物などの対応方法

・カンニングに関すること

・遅刻の線引き

・試験用紙・問題用紙の準備

 

会場内を準備を整え早めの昼食へ。

「お昼持参」と記載があったので、自宅に戻れないと思い持参しましたが、普通にみんな外に出ている。いったん自宅に帰れたじゃんと、冷たいおにぎり+冷たいお茶の食事でした。

辛い!立ちっぱなし

試験中は4人で監視なので、2時間ある試験の際は交代で休憩が許可されました。

休憩が取れない時間は少し大変。4人中2人は後ろの空席に座っていましたが、私は座ることが出来ず途中、足腰が辛かったです。ここは正直不公平。監督が交代で座れるようにに指示して欲しかったです。

それと、個人的にはもう1つ。

受験番号順に答案用紙を配布したり、集めたりするのが間違えそうでした。1人1人の机ではなく、長い机に3人とか座られていると配布するのが難しいです。

受験番号が記載されている答案用紙なので、一斉に配布は出来ない。1人ずつ確認しながら配布です。また回収の際も2列を同時に順番を崩さず回収するので、集めながら順番通りの把握に苦戦しました。

目が悪いので、受験者のカード確認→解答用紙の試験番号確認→顔を確認と、時間内にテキパキ対応しないといけないのが、個人的に目が辛かったです。

 

さまざまな受験者達

朝の説明で受験者達の特徴を聞いていましたが、実際にキャップを被ったまま、筆記用具を忘れる人、足を通路まで投げ出す人などさまざまでした。

個人的に驚いたのは、加工された写真を受験票に貼っている女子。Mattかよ!って、突っ込みたくなる顔の写真。それを貼ってきちゃう感覚に驚く。

そして「怪しい雰囲気」の男子は予想にビンゴ。休憩時間になると、ずっと手鏡で髪を整えてる。ティッシュ4枚引いてその上にカバンを置く。一瞬で見抜いた私の洞察力って凄いかも。

イエローカードを出そうか終始悩んだのは、ずっと隣の人を横目で除きこんでいる微妙な男子と、消しゴムに自分の回答を書き込んでいる女子。

 

試験監督バイトの感想

いちばん辛かったのは立っていること。上記にも書きましたが座れなかったからです。

また始めてだからと言って特別に教えて貰えるとかもないので、説明されてもピンとこなかったりします。

隣に座った男性が今回で4回目と話していたり、同じチームの3人も経験者だったりするので、人気のバイトだと感じました。試験の最中は「ただ監督するだけ」だから特別難しくないですもんね。

 

試験監督バイトのお勧め度

お勧め度:★★★★★

髪の色、スーツ、秒針が付いた腕時計が必須ですが、単発のバイト、チーム制、交通費が出るのは魅力かも。

給料の支払い方法

私の場合は週払いです。試験会場で金銭のやり取りは発生しないと思うので、試験監督は実質振込みなのかも。

1日だけ・単発・短期間バイト登録

単発のバイトは初体験でしたが、登録さえしておけば、いつでも条件検索で探せるのが超いいですね。

空き時間に短期間や単発のバイトをすれば、お小遣い稼ぎが出来るのがいい。それに1日だけとか短期間って精神的に気楽です。

複数登録するのは、本人確認書類などの提出物もあるから面倒だし管理が大変。

 

案件が多い2.3箇所に登録しておけば管理しやすいと思いました。メールを受信設定にしておけば、条件に合ったバイトのメールも入るのでいいですよ。

短期・単発バイトなら『ギガバイト』
・面接無しで最短その日から仕事可能【プチジョブ】

以上、1日だけ試験監督バイトの体験談でした。