アラフィフ独身女とうとう無職になりました。初めての失業保険の手続き

とうとう無職になってしまった。最後のお給料は有給15日分。まずは、人生初の失業保険の申請をすることにしました。

コロナで失業者が多い現在、かつ年齢的にも簡単に見つかるはずもない。詐欺に遭って大金を失い貯金に余裕はない。と、いうことで何十年も納めてきた失業保険(雇用保険)の恩恵を受けてみることにしました。

目次

失業給付金の計算方法とルール

アラフィフ独身女。とうとう無職か。。。
恥ずかしいような、情けないような、惨めなような気分。だけど人生は続いて行く(大袈裟)まずは、失業保険の手続きだ!

ちなみに、申請に必要な離職票は退職日から1ヶ月弱で届きました。

初めての申請なので事前に下調べを少し。失業保険の給付額は退職月から遡って半年間の給料で決定する。ってことは、この間の給料が多いほど給付額は増えるってことよね!?

失業給付額の決め方

私は、2021.3月退職→遡って2月・1月・12月・11月・10月・9月の給料の合計。これを出勤日数で割って日給を算出。この日給の50%~80%が日額として支給される。

  1. 退職日:2021年3月
  2. 該当月:2020年9月~2021年2月の給料合計
  3. 給料合計÷6ヶ月間の出勤日数=日給
  4. 日給から年齢や利率で配当日額が決定

しかーし。失業保険の原則から給料の多い人ほど「低い受給率」になるらしい。

もし、繁忙期を含んだ6ヶ月だったら給料は45万も多い。と、なると、この時期で給付の計算されたら10万以上も多く支給される。ショック!

ただし、給付額には上限があって、どんなに高収入でも上限を超えて給付はされないらしい。

収入が多いと損する?!

所得の多い人ほど我慢や損を強いられてませんか?!所得の多い人ほど税金の義務は重く大きい。それなのに配当や保障などの権利は軽く小さくなる。何だか理不尽。いまの私が言える立場じゃないけど、ふと感じたので呟いてみた。

2時間半待ちハローワーク

初めてのハローワーク。まずは登録用のシートに職歴、経歴、希望する職種などを記入。係の方が私に確認しながらこれを端末に登録。

ここまでに時間は掛からなかったけど、これ以降の対応にトータル2時間半待ちでした。

帰宅出来る人・出来ない人

私は自宅が近いので一旦帰宅出来ましたが、時間的に戻る余裕がない人は大変です。ハローワークの周りはコンビニすらなかったから辛いですよね。

で、90分待ちの表示なので帰宅して、90分経った頃に戻ったけど、まだ20人も自分の前にいる。少し考え再度帰宅。1時間経過した頃に連絡が入り再び向かう。こんな感じでトータル2時間半待ちでした。

男性担当者は淡々と説明。決められた日時に来ることや、認定日までの諸条件や規則の説明がされて無事申請は終了出来ました。

ハローワークにいる人達の共通点

えーと、ちょっと感じたんですが。。。
ここに来てる人って地味で薄汚い人が多いのはなぜ?服も髪の毛も清潔感がなくて小汚い。茶色や鼠色の服装ばかりだし、4月の小春日和なのにダウンまでいる。

何だろう、何でしょう。もともとなの?失業したから?自分のこと棚に上げて言ってますが、見た目は重要。超大事。

始めての給付金は1ヵ月後

コロナで初回の講義が中止。次回は1ヶ月後。ここが初回認定日で、この日から1週間以内に初回の失業手当が支給される。実際の支給額や日額は貰ってからしか正確にはわからない。

2020年4月から在宅勤務になり約1年。そして、ここからまた無職生活。いつの日か訪れる社会復帰を忘れないようにしなければ。

引っ越して家賃が半分以下になったから、いままでの家賃だけで生活費も賄える。精神的には確かに楽だけど、いまの生ぬるい生活から脱却するのも、結局自分の努力しかない!