【お金の不安】独身女性は無職になると結婚したくなる「孤独が怖い」

仕事が不安になると女性は結婚したくなる。正確には結婚に逃げたくなるのだ。仕事が嫌になったり無職になったりすると特になる。貯金もなければ将来や老後の不安から「駆け込み寺」的に結婚を考える。

そんな私も現在無職。なら結婚に逃げたいかと聞かれたら答えはNo。だけど昔の私ならYesだった。こんな女性の心理を書いてみました。

目次

収入が不安になると結婚を考える

コロナ禍でそもそも仕事がない。紹介される派遣の仕事もガクンと減った。以前は週に何十件も届いていた求人情報が数件になった。条件が良いと応募は殺到するが年齢の壁もあり苦戦する。

こんな風に収入に不安が湧くと女性特有のある感情が湧く。それは「結婚」。正確には「結婚へ逃げたくなる」のです。

結婚さえ出来れば、不安や仕事探しの苦労が取り合えず解消するから。

メンタルの移り変わり

仕事を辞めたい・仕事がない>収入減少>不安や焦りが増幅>結婚を考える>結婚へ逃げたくなる>旦那の収入に頼れる>不安解消へ向かう

こんな心理移行から、ネット婚活とかしちゃう。

アプリで結婚相手探し

しかし、そう簡単に結婚まで辿り着かない。昔は結婚相談所や婚活パーティーでしか出会えなかったけど、いまは簡単に出会える。

ただ、プロフィール見てもピンと来なかったり、アプローチされた相手は条件悪かったり、顔が好みじゃなかったり、メッセージのやり取りが弾まなかったりもざら。実際に会ってみたら印象が違ったり、顔を加工し過ぎてフラれたりもする。どちらとも積極的にならず自然消滅。

そしてこう嘆く「好きになれない」

婚活アプリあるある

  • プロフィールが嘘くさい
  • ピンと来ない
  • 条件が悪い
  • 顔が好みじゃない
  • やり取りが盛り上がらない
  • 気分が乗らない
  • 本気で見つけたいのか疑問になる
  • 加工し過ぎて実際違う
  • 自然消滅
  • なんで探してるのかわからなくなる

高収入だった年下夫と離婚

私はバツイチで元夫は10歳下でした。会社を経営していたので出費も多く、自分の収入は抑えてるから年収は600万と聞いてました。しかし、結婚して知った実際の年収は2500万!うひょーだった。

二人とも浪費家でも食通でもブランド好きでもなかったし、付き合いの多い夫は年中飲み会。なので私は適当に自炊してました。

唯一の贅沢は、私の希望で港区の広いマンションに住めたことや、大好きなハワイに何度も行けたこと。これは夫のお陰。

当時、正社員だった私は結婚後半年して専業主婦になり、のんびりと数年を過ごしたのち、家から1分の会社で週2、3回のアルバイトをしてました。

自力で稼ぐ力があれば不安は減る

しかしです。夫婦関係が悪化し始めるとまず考えるのはお金こと。貯金を一部個人口座に移し離婚にそなえ仕事探しを開始してました。

当時、一番のネックはアルバイトの収入しかないのでマンションを借りられなかったこと。港区内に住むつもりだったので審査も厳しく家賃も高い。この問題は夫が契約者になってくれることで回避出来ました。

■賃貸契約■
契約者=夫・入居者=妻(別居なので契約出来ました)

5万でも稼ぎ続ける力を付ける

よーくわかった。自力で稼げれば不安は減り選択肢が増える。世の中の問題は99%お金があれば解決する。

  • 正社員>専業主婦>アルバイトと経験
  • 収入を数字にすると100>0>20

そして思った。稼げる力、稼ぎ続ける力を付けること。

20万30万稼げなくても10万でも5万でもいい。ずっと稼ぎ続けられることです。

ゼロと5万では土台が違う。生活は出来ないけど土台に5万があるとゆとりや選択肢が増える。

お金のゆとりは最強の精神安定剤

仕事を辞めたくなったり無職になると結婚へ逃げたくなる気持ちは凄いわかる。自由気ままな専業主婦を経験しそして離婚して価値観は変わった。

もし、お金がある人と再婚出来たとしても私は働く。自分で稼げる力を付けておく。どんなことが起きても不安で潰れないために。

お金のゆとりは心のゆとり。最高の武器で精神安定剤なのだ!