無職になり詐欺にも遭い貯金もない「独身女の体調や老後の不安」

アラフィフのおひとりさまです。先月仕事がなくなりました。詐欺に遭い貯金もないです。病気の再発が不安だし、寝ながら突然死んじゃったりしないか不安になります。

仕事のこと、お金のこと、今後の人生、体の変化、ありとあらゆる問題や不安。どう立ち向かったらいいのかな。私と同じような人いますか?

目次

無職になったいまと、再就職の壁

先月無職になりました。派遣で働いて期間満了の退職です。時給はまあまあ良かったです。専業主婦から社会復帰に向けアルバイト。それから離婚していくつか派遣先で働いてました。

在宅勤務だったので、今後通勤するってことが少しおっくうかな。ひとりの在宅は孤独になるけど楽だし、面倒な人間関係がないのもいい。

とはいえ、そんなことで選んでられない年齢。ましてコロナで仕事激減で若い人達さえ仕事がない現状に、なんの資格もスキルもないアラフィフ女を欲しがる職場なんて、ほぼゼロですよ。

それと、今後も派遣で働くかも悩んでる。派遣は基本3年以上働けない。契約社員への切り替えはこの年齢だと難しい。また派遣で働くとどんなに条件の良い職場でも期限付き。

能力が確実に衰えてるから、やっと仕事を覚え慣れた頃にさようならになるリスク。そう考えると1歳でも若いうちに、なれるものなら社員の方がいいかもと考える。

その代わり、いままでの派遣先のように大企業や有名企業やキレイで素敵な職場では働けない。中高年で社員になれる仕事は限られる。※この「中高年」って言葉が嫌よね~ムッ。

いま迷ってます。社員の仕事を探すか派遣で働くか。

不安解消にはやっぱりお金

すべての不安は99%お金で解消出来る。たとえゼロにならなくても確実に縮小出来る。いま100万入ったら、

  • 人間ドックをする。全身の健康状態や改善点など詳細に診断して貰う
  • 全身の悪い箇所や気になる箇所を治療する
  • 高性能のパソコンを買う

1と2で私の不安は減る。残りは貯金に回す。貯金の額は心の安定剤になる。

数年前に詐欺に遭い大金を失いました。裁判で勝訴したけどお金戻ってません。まだ係争中ですが、精神的な大ダメージは計り知れない。お金の不安がどっと増えた要因のひとつ

病気や不調、体の変化

私は仕事のことより病気や体調不良の方が気になる。病気になるとほんとお金が掛かる。

この1年の病気
  • 帯状疱疹で通院
  • 肩甲骨の痛みが酷く検査
  • 歯の腫れで長期間通院
  • バセドウ病の定期健診
  • 片目の白内障治療
この1年の体調不良
  • 呼吸が深く吸えない
  • 心臓がドキドキする
  • 手や足の震えやしびれ
  • 座るときヒザが痛くなった
  • 右太ももの痛み
  • 鼠径部の違和感
この1年の体の変化
  • 白髪が生えた
  • 手肌の衰え
  • ヒザが痛くなった
  • 握力が減った

更年期障害なのか、病気なのか

一般的な更年期障害の汗を異常に掻くとかはない。50肩で手が上がらないとかもない。ただ、バセドウ病の症状と更年期の症状とすごく似ていてわからない。

運動不足だわ~、年取ったわ~って思ってたことが、実際はバセドウ病の症状だったから。上記に書いた「呼吸が深く吸えない」「心臓がドキドキする」「手や足の震えやしびれ」が、まさにそう。

再発したんじゃないかと不安で病院行くと再発してないと言われて安心する。ってことは、更年期症状なのか?

親のこと

80歳前後の両親は普通に暮らしてます。先月、近くに引っ越して来たから安心している気がする。近くに来たので出来ることをして上げたい。それでも自分のこと、自分の生活が優先なのはいま現在変わらない。

今後の人生。ひとりか再婚か

ひとりが確実にラク。ただ、今後はもっと孤独を強く感じるはず。いまはひとりで何でも出来るけど、いつか出来なくなるかもでしょ。突然の病気や災害を考えるととてつもなく不安が襲う。

再婚を考え行動したことあるけど、現れる中年男性の見た目で無理ーってなる。もちろん自分も同じなのはわかってる。

私が受け入れられないのはコレ。

1)だるだるに弛んだ頬
2)太ったお腹
3)茶色やグレーの安物だとわかる服装

おじさんの代名詞。この見た目で現れたら一瞬で無理。そしてどんなにお金があっても、好きにならないと無理だと言うことも経験して知ってる。

アラフィフの本音。心の声

ふとした瞬間に襲われる不安が増えた。無職だからなおさら。そして確実にわかってることは「世の中すべてのお金だ!」ってこと。

昔の私は「お金がすべてじゃない!」って叫んでた。わかるよわかる、そう思いたいこと。それでもね「すべてはお金」なんだよ。

正確には「お金があれば不安や問題を小さく出来るしゼロにも出来る」だから、そのために必要なのは「やっぱお金なんだよ!」ってね。

そんなお金がない私のいまは、朝は7時前には起きてカーテン全開にする。日当たりのいいお部屋でコーヒー淹れてSNSを見る。ブログを書く。寝る前のストレッチ。

そして、失業保険の申請を始めてしてみようかと思ってる。

アラフィフ独身女の役に立たないブログを、ここまで読んで下さりありがとうございました。もし、あなたがいまの私と似ていたら「とりあえず、何でもいいから前に進もう」しかないですよね。