【入浴剤の効果を比較】エプソムソルト・水素バス・ポールシェリー

入浴剤が好きな私は興味があるモノはいろいろ使った。トルマリン、麦飯石、ゲルマニュウム、墨、お酒なども試した。

バブやクナイプやきき湯も好きだけど、今回は「マイベスト3」を紹介します。

メーカが謳っている効果ではなく、私が実際に使って感じた効果(デメリットも)だけを書きました。

記事の内容

  • エプソムソルト
  • 水素バス
  • ポールシェリー

エプソムソルト

ソルト(塩)の名が付いているけど、塩ではなく硫酸マグネシウム(ミネラル化合物)で、塩は一切入ってません。欧米では一般的にバスソルトとして使用されている。

エプソムソルトが気に入ってるポイント

・発汗量がすごい
・お値段がお手頃

高価なバスソルトも使ったけど、私は惜しみなく使えるこちらが好き。

それともう1つの変化

・血圧が下がる

高血圧ではないけど、この入浴剤を使っていた期間の血圧は下がっていたんです(個人的感想)

水素バス

世間では、うさんくさい扱いを受けている水素ですが私は信頼しています。

信頼している理由はこちらで

水素バスが気に入っているポイント

・血流量と循環が良くなる
・皮膚から体内に水素が入り全身に巡る
・体温が上昇しポカポカが凄い続く

水素バスのデメリット

お湯の中に水素が十分に行き渡るのが1~2時間後。お風呂に入りたいと思ったとき直ぐに入れないので週末しか使わない。

ポールシェリー

ハーブのエッセンスを使ったスイス生まれのボディケア。
すごーい昔に行ったエステサロンで使われていて、香りが忘れられなかった。
それから数十年経っても嗅覚が覚えていて使い始めました。

使用している3種類

■ピュリファイングバスオイル 150ml
セルライトのかたまりをほぐす。
肌を清浄にし、生理前の不快な気分を和らげる。

■リラクシングバスオイル 150ml
疲れた身体をほぐし、精神的ストレスを緩和し眠りを誘う。

■クラリファイングバスオイル 150ml
温熱作用で身体を芯から温める。
体温を上げ基礎代謝のアップする。

ポールシェリーが気に入っているポイント

・天然のハーブの香りで超リラックスする

ポールシェリーのデメリット

・値段が高い

入浴剤に一番求めるのは「発汗」「ストレス緩和」「香りの効果」

入浴剤を入れて浸かるときって、疲れていたり、リラックスしたかったり、温まりたいってときでしょ。じゃなかったらシャワーだけでいいもんね。なので、入浴剤は「体と心」両方に作用して欲しい。

あと、浴室内でも使えるマッサージグッズなど持込んで、足裏を揉んだり頭のツボを押したりして、ながら美容で時間の節約しています。

私のマイベスト3の入浴剤でした。

created by Rinker
Paul Scerri(ポール・シェリー)