ニベアの青缶は顔に毎日使用。ヒルドイドは母が皮膚科で処方されていて貰って使い出しました。

ヒルロイドは副作用があるって聞くし、ニベアは昔使っていた高級クリームのドゥ・ラ・メールと成分が同じって聞いたけどホントなの?

目次

ニベアは夜のお手入れ用

保湿成分だらけのニベア。しっとりするけど、べた付きもあるニベアは夜のお手入れの際に使います。た~ぷりと厚塗り。顔と首に塗ってしばらく放置。30分位したらティッシュでふき取り。

ニベアパック
  1. 肌が透けない量をたっぷり塗る
  2. 20分~30分放置
  3. ティッシュでふき取る
  4. ふき取ったクリームは手や腕に使う

時間があればラップして上から温めます。これ肌がふわふわになりますよ!

季節にもよりますが乾燥を感じる際は2日に1回してます。コメドが出来たり皮脂分泌が多いと感じる際はしません。

私は化粧水を付けずに洗顔後直パックです。洗顔→化粧水→ニベアもあれば、洗顔→ニベアのときもあり。

2年位夜のお手入れはこれだけ。肌の調子はいいので、あれこれ塗りたくらなくなりました。炭酸パックして毛細血管の血流をよくしておけば自然に美肌になれます。これ確実。

ニベアとドゥ・ラ・メールを比較

バブル世代なので高級スキンケアは使いまくりました。当時、会社のトイレにエスティーローダーのナイトリペアの美容液が放置されてたんです。高級スキンケアをハンドクリームのように普通に使う女子達が溢れてた時代だったなぁ~

ドゥ・ラ・メールは衝撃だった。ラグジュアリーで超高級なクリーム。誰が買うのっていう10万以上する大瓶入りも発売されてました。

私も奮発してドゥ・ラ・メールは使いましたが、特別感動した記憶がない。保湿力があってしっとり感があったのは覚えてる。で、ニベアと同じ成分って聞いて調べました。

私的には似てるけど違かな。表示成分は多い順から記載されてますがニベアは保湿成分のみ。ドゥ・ラ・メールは肌改善成分も入ってる。ここをどう捉えるかですね。しかし、ドゥ・ラ・メールの成分レベルで高価格はいまとなってはないかな。

某有名化粧品のデパートブランド商品の広告会社で働いてたことがある私。そのとき化粧品の原価を聞いて「はぁぁぁ!」だった。当時のこと。5000円のファンデーション。原価600円でした。

ここに容器代とか乗るけど、それにしてもね。。。

ニベア青缶298円→260円でまとめ買い

ニベアの青缶は港区白金のプラチナドンキか隣のドラックストアで購入してました。平均298円。あるとき260円位のときがあり4缶まとめ買いしました。

しかし、引っ越してきたこの辺りは200円台は見当たらない。398円とかもある。プラチナドンキおそるべし!

ヒルロイド効果の外と内

ヒルドイドは病院で処方される外用薬扱い。効き目がある分副作用もあるはずです。私達が思ってる「保湿」とは違う効能に驚く。

患者(一般)に向けた表示

ヘパリン類似物質は、乾燥肌の治療薬として長年使用されている保湿成分です。人の肝臓で生成される糖類の一種「ヘパリン」に似た成分で、高い親水性と保水性が特徴です。「保湿」「血行促進」「抗炎症」の3つの作用

医療従事者に向けた表示

血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

ヒルドイドは肌荒を感じたら使う

ヒルドイドを毎日使う人もいるけど、私は肌の調子が悪いと感じる時だけ使う。皮膚科の処方なので効果はあるけど常用するのは避けたい。

ニベア VS ヒルドイド

使い分けはこんな感じ。

  • ニベア:保湿したいとき
  • ヒルドイド:肌改善したいとき

ちなみにニベアの青缶とチューブタイプは全く同じ成分です。テクスチャーに違いを感じるけど気のせいかな?