バセドウ病って気付いたときには、かなり症状が進んでることがあるんだよね。どんな症状があったら注意した方がいいのかな?

私の初期症状と前兆だった?を書いてみました。そして、治療に掛かった費用も計算してみました。

記事の内容

  • バセドウ病の初期症状
    ・息苦しさと体重減少
  • これも前兆だったのかな?
    ・ひざ下のジリジリした痺れと震え
  • 治療にかかった費用総額

バセドウ病の初期症状

一般的な初期症状(太字は私の症状)

多汗、暑がり、食欲亢進、ほてり、動悸息切れ体重減少頻脈、便通の異常、首の腫れ、手(のふるえ倦怠感、目が出る、精神的なイライラ、不眠、集中力の低下

症状が進むと生理不順や骨粗しょう症になるそう。個人的には高かったLDLコレステロールが減少しました。

息苦しさと体重減少

この中でも動悸・息切れ・体重減少は自分で気付きましたが、息切れは運動不足や年齢のせいにしてたんですよね。

ただ、お風呂上りに痩せていることに気付き、体重を計ったら4キロ減。「病気」を始めて意識しました。

これも前兆だったのかな?

バセドウ病と診断される2年位前に現れた症状。病気と関係あるのか微妙ですが・・・

ひざ下のジリジリした痺れ

これはバセドウ病と診断される数年前、ひざ下がジリジリ、ジワ~と痺れ始めました。

動いていると気にならないのですが、じっとしてたり横になるとジリジリ痺れてました。病院にも行ったけど原因不明。わからないまま放置していたら気にならなくなっていました。

ひざ下のブルブルした震え

それから約1、2年後(バセドウと診断される1年前)

両方のひざ下がブルブル震え始めました。寒くないのに震えている麻痺とも言うかな。この症状は数ヶ月続いた記憶があります。

「何で震えてるんだろう」とは思いましたが、動いていると忘れています。直立しているときだけに感じるので放置していました。

その後、足全体が震えることもありましたが、いつの間にか治まっていました。

バセドウ病の初期症状に「手足の震え」や「手の震え」はあっても、足だけの震えや痺れはないみたいです。

個人的には、初期の初期で前兆に出る症状の1つじゃないかと思ってます。ただ、担当医も「ひざ下の震え」は症状として考えにくいことでした。

治療にかかった費用総額

2018年7月~現在まで。

  • 治療費+通院費(13回分)=約58000円

治療開始時期は週2回検査→改善にともない月1回。薬も3錠から段階的に減ります。

2019年2月(寛解)から現在まで再発していません。何も問題がなければ6ヶ月に1回の検査に現在はなっています。