バセドウ病って気付きにくいらしい。悪化して始めて病院に行く人もいるんだよね。いったいどんなきっかけで病院に行くのかな。

こんな疑問に、私の気付いたきっかけをまとめてみました。

記事の内容

  • 最初に感じた体調の変化
  • 健康診断のオプション検査で偶然発覚
    ・エコー検査で異常発覚
    ・1週間の薬服用で改善をみる
    ・専門病院での精密検査を促される
  • 診断が出来ずヨード検査のため食事制限
  • 病気の症状と薬の副作用が心配
    ・2週間おきの通院と血液検査(治療費の不安)

最初に感じた体調の変化

少し小走りしただけなのにハアハアと息切れがした。「運動不足かなぁ」「体力落ちた?歳なのかなぁ」って感じてたんです。

コレ気になった

息切れが激しい

運動不足を感じて階段で3階まで上がったら、心臓が壊れちゃうんじゃないかと思う位にドキドキいやバクバクだった。そして、このバクバクや息切れがなかなか治まらなかったんです。

 

そしてある日、痩せていることに気付き体重を計ったら4キロ減。もしかしたら病気かも?不安に襲われました。

コレ気になった

痩せる

ただ、運が良かったのは健康診断の予約をしていたこと。その時、医師に症状を伝えてみよう。

健康診断のオプション検査で偶然発覚

頚動脈のオプション検査を追加していました。LDLコレステロールが高いからプラークが気になっていたんです。

当日、心電図を測ると「脈が速いですね。過去言われたことありますか?」と、始めて指摘されました。

エコー検査で異常発覚

頚動脈の検査をしているとき「ついでに甲状腺も見ますね」と言われたのです。たまたま診て下さったのか、何か気になったからなのかは不明だけど、これがきっかけになったのは間違えないです。

1週間後に健診結果です。

1週間の薬服用で改善をみる

健診結果の確認に行くと甲状腺の数値に異常が判明。ただ確定することが出来ないらしく、少量の薬を服用し再度1週間後に受診することに。

専門病院での精密検査を促される

3つの数値が異常だと病名が確定するけど、1つの数値が正常という結果が2回続いたため専門病院を紹介されました。

何だか面倒なことにならないといいけど・・・

診断が出来ずヨード検査のため食事制限

専門病院の医師から「確かに2つは異常だけど1つは正常ね。はっきりさせるためアイソトープ検査をしましょう。ただ食事制限があるからね」と。この食事制限が私には難しかった。

ヨウ素を含む食品が摂れないんだけど和食がほぼ全滅。考えるのが面倒でパン食ばかりの1週間でした。

伊藤病院のHPより

やっと出た結果は「バセドウ病」長い期間の治療が必要みたいで不安MAX。

病気の症状と薬の副作用が心配

バセドウ病の特徴
・常に体がフルマラソン状態
・心臓に負担が掛かっている
・エネルギーがどんどん消費される
・食べても痩せる

バセドウ病は常に体がフルマラソン状態らしい。階段の激しい息切れは危険だったんだと知りました。

2週間起きの血液検査

まずは薬で改善するかです。私の場合メルカゾールを3錠服用。ただこの薬、重篤な副作用が出る場合があるらしく、異変を感じたら24時間いつでも連絡するようにと強く言われました。

恐いよーそして不安だよー!

治りたいから薬は飲むけど、副作用が恐いという葛藤が始まりました。

健康診断にオプションを追加していたことで偶然の発覚。まず数ヶ月は2週間ごとの血液検査。そして治療費も気になる。

バセドウ病の治療は平均2年位は掛かるらしいし、薬で治らない人や副作用が起きたら手術するしかない。

あーーやだよーー!

バセドウ病とわかるまで.2へ続く。